古橋健悟(ふるはし けんご,Kengo Furuhashi)

 

 

研究テーマ

援助要請行動における援助者選択

keywords: help-seeking behavior, social support, coping strategy

研究業績

学術論文(査読あり)

  • 古橋健悟・五十嵐祐 (2018). 存在論的恐怖が集団成員への利他行動に及ぼす影響 ―集団同一視・集団透過性に着目して― 対人社会心理学研究, 18, 71-75.


学術論文(査読なし)

学術図書


学会発表(国際・口頭・査読あり)


学会発表(国際・ポスター・査読あり)

  • Furuhashi, K. & Igarashi, T. (2018, Mar.). In What Group and Feeling, Can We Help Others?: Altruistic Behavior under Mortality Salience. Paper Presented at the 19th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (Atlanta, USA).


学会発表(国内・口頭)

  • 古橋健悟・五十嵐祐 (2017, 10月). Mortality salience and altruistic egoism in groups: Focusing on social identity and group permeability. 日本社会心理学会第58回大会. 広島大学

  • 古橋健悟・五十嵐祐 (2018, 8月). Changes of stress in the situations where we must seek help repeatedly: The moderation effects of subjective well-being and loneliness. 日本社会心理学会第59回大会. 追手門学院大学

学会発表(国内・ポスター)


その他

所属学会

  • 日本社会心理学会

  • Society for Personality and Social Psychology

  • ​日本心理臨床学会

〒464-8601

愛知県名古屋市千種区不老町

名古屋大学大学院教育発達科学研究科

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page