古橋健悟(ふるはし けんご,Kengo Furuhashi)

 

 

研究テーマ

援助要請行動における援助者選択

keywords: help-seeking behavior, social support, coping strategy

研究業績

学術論文(査読あり)

  • 古橋健悟・五十嵐祐 (2018). 存在論的恐怖が集団成員への利他行動に及ぼす影響 ―集団同一視・集団透過性に着目して― 対人社会心理学研究, 18, 71-75.


学術論文(査読なし)

学術図書


学会発表(国際・口頭・査読あり)

  • Furuhashi, K. & Igarashi, T. Switch, and ye shall find: The effect of switching helpers on perceived stress in help-seeking situation. 13th Biennial Asian Association of Social Psychology (Taipei, Taiwan).


学会発表(国際・ポスター・査読あり)

  • Furuhashi, K. & Igarashi, T. (2018, Mar.). In What Group and Feeling, Can We Help Others?: Altruistic Behavior under Mortality Salience. Paper Presented at the 19th Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (Atlanta, USA).

  • Furuhashi, K., Igarashi, T., & Kiyokawa, S. When we switch help givers: Effects of perceived help givers’ costs on helper selection in the repeated help-seeking situation.  The 21st Annual Meeting of the Society for Personality and Social Psychology (New Orleans, USA).

 

学会発表(国内・口頭)

  • 古橋健悟・五十嵐祐 (2017, 10月). Mortality salience and altruistic egoism in groups: Focusing on social identity and group permeability. 日本社会心理学会第58回大会. 広島大学

  • 古橋健悟・五十嵐祐 (2018, 8月). Changes of stress in the situations where we must seek help repeatedly: The moderation effects of subjective well-being and loneliness. 日本社会心理学会第59回大会. 追手門学院大学

学会発表(国内・ポスター)

  • 古橋健悟・五十嵐祐・清河幸子 (2020年, 9月). 援助要請者が知覚する援助者のコストが援助者選択に及ぼす影響 日本心理学会第84回大会, オンライン開催

研究会など

  • 古橋健悟・五十嵐祐・清河幸子 (2020年, 5月). 援助者のコストに対する知覚は援助要請行動を抑制する ヒューマン情報処理 (HIP) 研究会, オンライン開催


その他

 【研究助成・受賞】

  • 2019年度 名古屋大学大学院教育発達科学研究科国際学会等派遣事業 採択

  • 公益財団法人大幸財団 第39回学芸奨励生 採択

  • 日本社会心理学会 2019年度大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度 採択
     

職歴

TA・RA

  • 名古屋大学 教育実践演習 (2017)

  • 放送大学 心理検査法基礎実習 (2017、2018)

  • 名古屋大学教育学部 心理行動科学実験演習1[基礎実験法] (2019)

  • ​名古屋大学教育学部 心理行動科学実験演習2 [調査法] (2019)

非常勤講師・研究員

  • 国立長寿医療研究センター 脳機能画像診断開発部 研究開発研究員 (2018~2020)

  • 日本聴能言語福祉学院 義肢装具学科 「人間発達学」(2019~現在)

  • 中部大学 人文学部心理学科 「心理演習(実験)」(2020~現在)

所属学会

  • 日本社会心理学会

  • Society for Personality and Social Psychology

  • ​日本心理臨床学会

  • ​日本心理学会

〒464-8601

愛知県名古屋市千種区不老町

名古屋大学大学院教育発達科学研究科

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
  • Wix Google+ page